Sapporo Medical University Scholarly Communication Center

Home > 新着情報 | 障害、サービス停止&脆弱性情報 > 最新OS(Windows,Mac)における本センター提供サービスの対応状況について

最新OS(Windows,Mac)における本センター提供サービスの対応状況について

本ページでは最新OS(Windows,Mac)における本センター提供サービスの対応状況に公開しております。

Windows

■現行バージョンにおける本センター提供サービスの対応状況
本センター提供サービスについては問題なく使用できます。 各提供サービスの対応状況の詳細は下記のとおりとなっております。



[メールサービス]
・Windows 11
本センタ試験環境において正常に動作する事を確認しています。

・Windows 10 21H2
本センタ試験環境において正常に動作する事を確認しています。


[VPNサービス]
2022年1月5日現在において対応済みとなります。
VPNご利用の方は、利用時に自動的にアップデートされます。

[トレンドマイクロ Apex One]

・Windows 11
2022年1月25日現在において対応済みとなります。
公式対応アップデートについては、2022年1月25日より順次配信します。
ApexOneご利用の方は、利用時に自動的にアップデートされます。

・Windows 10 21H2
2022年1月25日現在において対応済みとなります。
公式対応アップデートについては、2022年1月25日より順次配信します。
ApexOneご利用の方は、利用時に自動的にアップデートされます。




ご使用中のPCのバージョン確認については、下記マニュアルをご参照下さい。

- Windows 10 バージョン確認方法

「Windows 10 May 1903 Update」等の機能更新プログラムアップデート延期方法
「Windows 10 May 1903 Update」は「機能更新プログラム」として自動的にアップデートが実行されます。
「Windows 10 May 1903 Update」といったWindows 10の「機能更新プログラム」の配信遅延については、下記マニュアルをご参照下さい。
※Windows 10のアップデートには機能更新プログラムと品質更新プログラムの二種類がございます。機能更新プログラムにはセキュリティ更新プログラムは含まれておらず、機能更新プログラムの配信遅延を実施しても、セキュリティ上問題はございません。
-  Windows10機能更新プログラム配信遅延方法

■ Windows 10 HOME版 機能更新プログラム配信遅延方法について
Windows 10 “HOME版”において機能更新プログラムの配信を遅延する方法について、下記手順書のとおりとなっております。
本手順書では、コンピュータの基幹部分を操作する作業が必要です。操作によってパソコンに重大な影響が生じる場合がございます。手順書の操作に不安がありましたら、総合情報センター係員がお伺いして、設定作業を行いますので、本ページ最下段に記載しております連絡先までご連絡をお願いいたします。

- Windows 10 HOME版機能更新プログラムの配信遅延方法

Mac

■現行バージョンにおける本センター提供サービスの対応状況
2021年10月26日現在において、Macの最新バージョンは「macOS Monterey(12.0.1)」となります。
各サービスにおける「macOS Monterey(12.0.1)」対応ステータスは以下の通りとなります。
また、M1チップを搭載したApple Silicon MacとIntel Coreを搭載したMac(以下、Intel Macと呼称)では、同じバージョンであっても挙動やベンダ対応に差がある可能性があるため、両Macについてそれぞれ記載します。

[メールサービス](2021年10月27日更新)
・Intel Mac
本センタ試験環境において正常に動作する事を確認しています。

・Apple Silicon Mac
本センタ試験環境において正常に動作する事を確認しています。

[VPNサービス](2021年10月27日更新)
・Intel Mac
本センタ試験環境において正常に動作する事を確認しています。

・Apple Silicon Mac
本センタ試験環境において正常に動作する事を確認しています。

[Trend Micro Apex One (Mac)](2021年10月27日更新)
・Intel Mac

本センタ試験環境において正常に動作しない事を確認しています。
対応時期についてはベンダ確認中になります。

・Apple Silicon Mac
Trend Micro Apex One (Mac)は本センタ試験環境においてRosettaの有無に関係なく正常に動作しない事を確認しています。

2021年2月16日現在、トレンドマイクロ社よりApple Silicon Macに対応したTrend Micro Apex One (Mac)の正式対応時期について未定であることが確認出来ています。そのため、一時的な対応としてApple Silicon Macを学内ネットワークに接続する際には、Avira GmbH社が提供するウィルス対策ソフトウェア「Avira free antivirus for mac」、もしくはM1チップ搭載macOS対応を明示している有償ウィルス対策ソフトウェアをインストールし、クライアントセキュリティを確保して下さい。(2021.2.16)

Avira free antivirus for macのインストール手順については、以下を参照下さい。
Avira free antivirus for macインストールマニュアル(mac_Big Sur_Apple Sillicon Mac)

M1チップ搭載Mac(Apple Sillicon Mac)かどうか確認する手順については、以下を参照下さい。
M1チップ搭載Mac確認手順書

[マイクロソフト office for mac2019](2021年11月1日更新)
・Intel Mac
本センタ試験環境において正常に動作する事を確認しています。

・Apple Silicon Mac
本センタ試験環境において正常に動作する事を確認しています。

ベンダ対応についてはIntel Mac及びApple Silicon Mac共に現時点において未定です。
詳細は以下のページのoffice for mac2019の欄をご確認下さい。

macOS をアップグレードして、Microsoft 365 および Office for Mac の更新プログラムを引き続き受信する
https://support.microsoft.com/ja-jp/office/macos-%E3%82%92%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%97%E3%81%A6-microsoft-365-%E3%81%8A%E3%82%88%E3%81%B3-office-for-mac-%E3%81%AE%E6%9B%B4%E6%96%B0%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%82%92%E5%BC%95%E3%81%8D%E7%B6%9A%E3%81%8D%E5%8F%97%E4%BF%A1%E3%81%99%E3%82%8B-16b8414f-08ec-4b24-8c91-10a918f649f8

ご使用中のMacのバージョン確認については、下記マニュアルをご参照下さい。
- macOS バージョン確認方法

その他

本件についてご不明な点がございましたら、下記までご連絡下さい。
内線:22390、22490
E-mail:icccj@sapmed.ac.jp

最終更新日:2022年1月25日

Home > 新着情報 | 障害、サービス停止&脆弱性情報 > 最新OS(Windows,Mac)における本センター提供サービスの対応状況について

TOP

TOP