Sapporo Medical University Scholarly Communication Center

Home > 概要 > 施設・交通案内

施設・交通案内

企画開発室のご紹介

企画開発室について

 総合情報センター副所長兼企画開発室長 大西 浩文

企画開発室は、以前の情報研究開発室が改組された教員による組織で、おもに情報技術の地域医療・医学医療教育・研究への活用にむけた研究開発を行っている。具体的には、以下のようなテーマがある。

1)学内ネットワークの安定性、安全性にむけたシステム構築に関する研究

 各種ネットワーク技術の試験導入と評価やネットワーク設計

 2)地域医療支援のための情報技術の活用に向けたシステム構築

 TV会議システムの運用と改良、ビデオオンデマンドのためのコンテンツ作成に向けた研究などであり、学内他部署との連携により、よりよい支援システム、生涯学習システムの確立を目指している。

 3) 医学医療教育への情報技術の活用

 現代GP等の新規の教育取り組みにおいて、学部学生・大学院学生教育への新しい情報技術活用形態の提案を行なっている。 また特に大学院学生の教育へのe-learning的なシステムの活用に関してシステム構築をめざしている。

 4) 医学部学生に情報リテラシーの習得を主眼においた講義

 医学部第1学年に対する情報科学、医学部3学年に対する応用情報医科学、医学部4学年に対する医療情報科学の講義・実習により、それぞれの学年のニーズに応じる形での教育を行っている。

 5) その他

 学内他部門との共同の研究として、ゲノム解析等のバイオインフォマティクス、在宅健康管理システムの研究、JGN等実験的なネットワーク環境を利用した各種実証実験を行っている。

企画開発室

企画開発室

当センターでは多様化、高度化した医学医療の学術研究情報の収集が可能な本学のネットワークシステム“SAINS”を活用し、基礎医学研究棟5階情報研究室内に遺伝子解析、医用画像解析などの医学医療研究用ソフトウェアやテレビ会議システムを整備し、教員・研究者等の研究活支援を行うとともに、地域医療支援の活動を行っています。

研究支援システム

 - 遺伝情報処理ソフトウェア「GENETYX」

図:情報研究室サーバ群

地域医療支援システム

- 病理画像診断サーバシステム「CoolScope」
(ニコ ンインステック社)

 

企画開発室について

 

コンピューター実習室

コンピューター実習室

情報処理技術が医学医療に応用されるようになり、卒業後の医師や看護師等が医学研究や医療実施の場において適切な情報処理、情報の活用を行えることが重要となっています。
当センターでは基礎医学研究棟5階および保健医療学部棟1階のコンピュータ実習室に学生に対する基礎的な情報処理技術の教育環境に加え、医学医療情報への応用能力を育成するための情報処理教育用の機器及びソフト等を整備し、医学医療分野の情報化に対応できる人材育成の支援を行っています。
コンピュータ実習室の主な機器等は次のとおりですが、利用方法等の詳細についてはこちらをご参照ください。
[ 教育支援システム(コンピュータ実習室)の利用方法の詳細を見る(要ログイン) ]

基礎医学研究棟5階コンピュータ 実習室

パソコン: クライアント(PC)機器 ×130台
OS: Windows7 Professional Edition

利用できる主なソフトウェア
Microsoft Office 2013 professional (ワープロ・表計算等統合)
IBM SPSS (表計算・解析)【5ライセンス(全PC実習室共有)】
Adobe Photoshop (画像処理)
Adobe Illustrator (イラスト)

周辺機器
液晶プロジェクタ ×4台
モノクロレーザープリンタ ×10台
音響機器一式(ワイアレスマイク、アンプ、スピーカー)

図:基礎医学研究棟コンピュータ実習室風景

保健医療学部棟1階コンピュータ 実習室

パソコン: クライアント(PC)機器 ×57台
OS: Windows7 Professional Edition

利用できる主なソフトウェア
Microsoft Office 2013 professional (ワープロ・表計算等統合)
IBM SPSS (表計算・解析)【5ライセンス(全PC実習室共有)】
Adobe Photoshop (画像処理)
Adobe Illustrator (イラスト)

周辺機器
液晶プロジェクタ ×2台
モノクロレーザープリンタ ×5台
音響機器一式(ワイアレスマイク、アンプ、スピーカー)

図:保健医療学部棟コンピュータ実習室風景

所在地・交通アクセス

所在地・交通アクセス

タクシー :JR札幌駅から乗車10分
地下鉄 :南北線「さっぽろ」駅(JR札幌駅直結)から「真駒内」行に乗車、「大通」駅で東西線
「宮の沢」行に乗換え、「西18丁目」駅で下車、徒歩5分

図書館

図書館施設案内

  附属総合情報センター図書館部門は基礎医学研究棟の2~4階に位置しています。

2階 [ 案内図を見る

■正面入り口(3~4階からは入館できません)
  図書館入口は基礎医学研究棟の2階にあります。1階エントランス  ホールから2階図書館入口までは総大理石でちょっとゴージャスな感じがします。図書館への入退館にはIDカード方式を採用しています。カードをゲートに読みとらせてからお通りください。

■BDS(資料無断持出防止装置)
  資料の無断持出防止装置です。退館の際、貸出手続をしていない資料を持ち出すと、アラームが鳴り退館できませんので手続を忘れないようにしてください。

■図書館カウンター
  図書館の顔である「インフォーメーション・カウンター」です。図書館の利用など何でもカウンター職員にお尋ねください。

■情報検索コーナー 
  利用者が直接検索できる端末が設置されています。ここでは目録検索(OPAC)や学術論文検索、またインターネットへの接続もできます。   OPAC(本学所蔵目録検索)コーナー

■参考図書コーナー
  語学辞書や医学・保健医療学事典、百科事典などの各種参考図書を備えています。

■本学教職員図書コーナー
   本学教員、同窓生の方の出版物を展示しています。

■AVルーム
  利用者端末が設置されており、ビデオやCD等による学習・研究のための部屋です。またレポートや論文作成のためにフィルムレコーダ、各種スキャナーも用意しています。

■ブラウジング・ルーム
  新聞や一般雑誌が置かれた、リフレッシュするための部屋です。

■ラウンジ(コーヒー等の自動販売機を設置)
  ブラウジング・ルーム内にラウンジがあります。ジュース等の自動販売機が設置されており、軽い食事もできる交流の場です。

■事務室
  図書館部門職員事務室

3階 [ 案内図を見る

■新着雑誌展示コーナー
  主要な学術雑誌の新刊1年分が和洋別に展示されています。

■製本雑誌書架(2000~ 開架書架)
   2000年以降のバックナンバーが配架されています。

■閲覧席
  2人~6人掛けの席を158席、また窓側には1人用のキャレル(学習机)を40席用意しています。閲覧席には学内LANへの接続のための情報コンセントを用意しており、利用者自身のノート型パソコン等を利用することができます。

■情報検索コーナー 
  利用者が直接検索できる端末が設置されています。ここでは目録検索(OPAC)や学術論文検索、またインターネットへの接続もできます。 OPAC(本学所蔵目録検索)コーナー

■複写コーナー
  3階には2台設置されており、コイン式でコピーができます。

■研究個室1および2 (予約可)
  研究のまとめや論文作成のための個室部屋です。図書館ホームページより予約ができます。

4階 [ 案内図を見る ] 

■単行図書書架
  主題ごとに所定の書架に並んでいます。
   - 開架書架:医学、保健医療学部分野の図書を配架しています。配列は、米国国立医学図書館分類表(NLMC、先頭にアルファベット2文字により学問分野を区分)で行っています。
   電動式集密書架(Cブロック):哲学、社会科学、数学、生物学、芸術など、医学・保健医療学部分野を除く、図書を配架しています。配列は、日本十進分類法(数字より学問分野を区分)で行っています。

■製本雑誌書架(~1999年まで。電動式集密書架)
   1999年以前のバックナンバーが配架されています。

■閲覧席
   2人~6人掛けの席(70席)の他、人数や目的により移動可能な席(36席)も用意しています。閲覧席には学内LANへの接続のための情報コンセントを用意しており、利用者自身のノート型パソコン等を利用することができます。

■情報検索コーナー 
  利用者が直接検索できる端末が設置されています。ここでは目録検索(OPAC)や学術論文検索、またインターネットへの接続もできます。 OPAC(本学所蔵目録検索)コーナー

■複写コーナー
  4階には1台設置されており、コイン式でコピーができます。

■研究個室3および4 (予約可)
   研究のまとめや論文作成のための個室部屋です。図書館ホームページより予約ができます。

■セミナー室1および2 (予約可)
  ゼミやグループ学習を目的とした部屋です。ビデオデッキ、マルチメディアボードがあり、ビデオやコンピュータを使った学習も可能です。図書館ホームページより予約ができます。

1 / 212

ホーム > 概要 > 施設・交通案内

TOP

TOP