Sapporo Medical University Scholarly Communication Center

Home > 障害、サービス停止&脆弱性情報

障害、サービス停止&脆弱性情報

Microsoft社製品の脆弱性対応について

日頃より当センターの運営にご理解とご協力いただき、ありがとうございます。
2015年8月19日、情報処理推進機構より米マイクロソフト社製ブラウザ「Internet Explorer」におきまして、重大なセキュリティホール(安全性に関する脆弱性の問題)が発表されました。
つきましては、本学学内LANにおいてパソコンを使用されるみなさまにおかれましては、次により対応をはかるとともに、Windows Updateやウイルスソフトを最新の状態にするなどによりセキュリティ対策に積極的に取り組まれるようご協力のほど、よろしくお願い致します。

                     記

1 対応方法
現在、本セキュリティホールに対する修正プログラム(パッチ)はWindows Updateで配布されております。

2 本件に関する情報処理推進機構公表情報
Internet Explorer の脆弱性対策について(CVE-2015-2502)
https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20150819-ms.html

3 本件に関する警察庁公表情報
マイクロソフト社のセキュリティ修正プログラムについて(MS15-093)
http://www.npa.go.jp/cyberpolice/topics/?seq=16720

4 その他
ご不明の点は当センター総務・システム係(内線22390、22490 Email:icccj@sapmed.ac.jp)までお問い合わせください。

Microsoft社製品及びAdobe Flash Playerの脆弱性対応について

日頃より当センターの運営にご理解とご協力いただき、ありがとうございます。
2015年8月12日、情報処理推進機構より米マイクロソフト社製OS「Windows」、及びアドビ社製ソフトウェア「Adobe Flash Player」におきまして、重大なセキュリティホール(安全性に関する脆弱性の問題)が発表されました。
つきましては、本学学内LANにおいてパソコンを使用されるみなさまにおかれましては、次により対応をはかるとともに、Windows Updateやウイルスソフトを最新の状態にするなどによりセキュリティ対策に積極的に取り組まれるようご協力のほど、よろしくお願い致します。

1 対応方法
現在、本セキュリティホールに対する修正プログラム(パッチ)はWindows Updateで配布されております。
また、「Adobe Flash Player」におきましては次のURLから最新版をインストールすると共に、
ご使用いただいているブラウザのバージョンアップを実行してください。

https://get.adobe.com/jp/flashplayer/

2 本件に関する情報処理推進機構公表情報
Microsoft 製品の脆弱性対策について(2015年8月)
https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20150812-ms.html
Adobe Flash Player の脆弱性対策について(APSB15-19)(CVE-2015-5128等)
https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20150812-adobeflashplayer.html

3 その他
ご不明の点は当センター総務・システム係(内線22390、22490 Email:icccj@sapmed.ac.jp)までお問い合わせください。

researchmapのサーバ切り替えに伴うメンテナンスのお知らせ

本学研究者データベースの運用にご理解とご協力いただき、ありがとうございます。
研究者データベースの情報入力先となっているresearchmapのサーバ切り替えに伴う
メンテナンス が行われますので、予めご了承くださいますようお願いいたします。

◇メンテナンス日時
2015年9月7日(月)17:00~9月9日(水)13:00(予定)
※この間、更新系のサービスは停止いたしますが、閲覧は可能です。
※9月7日(月)17:00~17:30の間は、繋がり難くなります。

ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。

総務・システム係 内線22390 E-Mail:icccj[アットマーク]sapmed.ac.jp

情報セキュリティ(メール等)注意喚起について

既に各メディア等により報道されていますが、年々高度化、複雑化するサイバー攻撃の手段として、
特定の公的機関をターゲットに標的型攻撃メールを送信し、受信者がメールを開くことによりパソコン
にウイルスやマルウェアを感染させ、個人情報が外部に漏洩し大きな社会問題となっています。
標的型攻撃メールは一見、職場の関係団体等を詐称した団体名や個人名を使用し、受信者が信用する
ことによりメールを開かせ、更には添付ファイルも関連業務等の名称を使用していることから、ファイル
を開きマルウェアを感染させる巧妙な手段です。
高度化及び複雑化した標的型攻撃を未然に防ぐことは、現行の情報システムでは非常に困難であること
から、各利用者が十分な注意をもってメール等の確認をお願いします。
また、情報セキュリティに係る質問等は情報センター総務・システム係(22390・22490)までご連絡ください。

平成27年7月29日にリリースされるWindows10に関する注意について

日頃より当センターの運営にご理解とご協力いただき、ありがとうございます。

さて、米マイクロソフト社製オペレーションシステムWindows10が平成27年7月29日にリリースされる予定になっております。
また、一部の端末におきまして、アップグレード予約を促す通知も出ております。
しかしながら、当センターで提供している各種ネットワークサービスにて運用しているソフトウェア、ハードウェアはWindows10に対応しておりません。
Windows10へのアップグレード、新規Windows10PC購入をご検討されている皆様におかれましては、
サービスによってはWindows10でご利用出来ない場合もありますので、予めご了承お願い致します。
今後、当センター提供サービスの対応状況については、逐次当センターホームページ上で公開する予定でございます。

本件に関しましてご不明な点等ございましたら
総務・システム係(内線22390、22490 Email:icccj@sapmed.ac.jp)までお問い合わせください。

21 / 21« 先頭...10...1718192021

ホーム > 障害、サービス停止&脆弱性情報

TOP

TOP