Sapporo Medical University Scholarly Communication Center

Home > 障害、サービス停止&脆弱性情報

障害、サービス停止&脆弱性情報

[注意喚起][附属総合情報センターからのお知らせ]Apple iOS の脆弱性対応について

日頃より当センターの運営にご理解とご協力いただき、ありがとうございます。
2016年8月29日、情報処理推進機構より米アップル社OS「iOS」におきまして、
重大なセキュリティホール(安全性に関する脆弱性の問題)が発表されました。
また、該当脆弱性を利用した攻撃は確認されております。

iOS搭載スマートフォンご利用のみなさまにおかれましては
十分にご注意いただけましたら幸いです。
本件詳細に関しましては下記をご参照下さい。

Apple iOS の脆弱性対策について(CVE-2016-4655 等)
https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20160829-ios.html

—9/2 15:45 更新—
本脆弱性は、米アップル社製OS「OS X」にも影響があるとの情報が公開されました。
MacBookAir等の「OS X」搭載機器をご利用のみなさまも
十分にご注意いただけましたら幸いです。

[注意喚起][附属総合情報センターからのお知らせ]Windows及びAdobe Flash Playerの脆弱性対応について

日頃より当センターの運営にご理解とご協力いただき、ありがとうございます。
2016年7月13日、情報処理推進機構より米マイクロソフト社製品及びアドビ社製ソフトウェア「Adobe Flash Player」におきまして、
重大なセキュリティホール(安全性に関する脆弱性の問題)が発表されました。
つきましては、本学学内LANにおいてパソコンを使用されるみなさまにおかれましては、
次により対応をはかるとともに、Windows Updateやウイルスソフトを最新の状態にするなどにより
セキュリティ対策に積極的に取り組まれるようご協力のほど、よろしくお願い致します。

1 対応方法
Windowsのセキュリティホールに対する修正プログラム(パッチ)はWindows Updateで配布されております。

Adobe Flash Playerにおきましては次のURLから最新版をインストールすると共に、
ご使用いただいているブラウザのバージョンアップを実行してください。

https://get.adobe.com/jp/flashplayer/

2 本件に関する情報処理推進機構公表情報
Microsoft 製品の脆弱性対策について(2016年7月)
http://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20160713-ms.html

Adobe Flash Player の脆弱性対策について(APSB16-25)(CVE-2016-4247等)
http://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20160713-adobeflashplayer.html

3 その他
ご不明の点は当センター総務・システム係(内線22390、22490 Email:icccj@sapmed.ac.jp)までお問い合わせください。

[緊急]情報センター提供Webメールサービスを詐称したフィッシングサイト誘導メールについて

日頃より当センターの運営にご理解とご協力いただき、ありがとうございます。

7月4日朝方より、本学メールアドレス宛に件名「あなたのメールボックスがいっぱいです」という件名のメールが出回っております。
該当メールは附属総合情報センターから発信しているメールではございません。
該当メール本文内にあるアクセス先「http://webmail-sapmed-ac-jp.weebly.com/」は
附属総合情報センター提供Webメールサービスと似たログイン画面が表示されます(添付パワーポイント参照)が表示されておりますが、
IDとPASSWORDを不正に入手するためのフィッシングサイトでございます。
絶対にIDとPASSWORDを入力しないで下さい。

万が一、IDとPASSWORDを入力した場合、すぐにPASSWORD変更処理を行って下さい。
PASSWORD変更処理のやり方が分からない場合、基礎医学研究棟2階情報センター 総務・システム係までご足労のほど、よろしくお願い致します。

不審なメール、添付ファイルなどお心当たりがありましたら、当センター総務・システム係(内線22390、22490 Email:icccj@sapmed.ac.jp)までご遠慮なく照会ください。
また、下記URLに届いたスパムメール例及びアクセス例の資料を添付しております。ご参照いただけましたら幸いです。

アクセス例_20160704

今後もこのようなメールが届く事が予想されます。
十分ご注意くださいますようお願いします。

【緊急】[附属総合情報センターからのお知らせ]Windows及びAdobe Flash Playerの脆弱性対応について

日頃より当センターの運営にご理解とご協力いただき、ありがとうございます。
2016年5月11日、情報処理推進機構より米マイクロソフト社製品及びアドビ社製ソフトウェア「Adobe Flash Player」におきまして、
重大なセキュリティホール(安全性に関する脆弱性の問題)が発表されました。
また、本脆弱性による攻撃が国外で確認されております。
つきましては、本学学内LANにおいてパソコンを使用されるみなさまにおかれましては、
次により対応をはかるとともに、Windows Updateやウイルスソフトを最新の状態にするなどにより
セキュリティ対策に積極的に取り組まれるようご協力のほど、よろしくお願い致します。

                     記

1 対応方法
Windowsのセキュリティホールに対する修正プログラム(パッチ)はWindows Updateで配布されております。

Adobe Flash Playerにおきましては次のURLから最新版をインストールすると共に、
ご使用いただいているブラウザのバージョンアップを実行してください。

https://get.adobe.com/jp/flashplayer/

2 本件に関する情報処理推進機構公表情報
Microsoft 製品の脆弱性対策について(2016年5月)
https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20160511-ms.html

Adobe Flash Player の脆弱性対策について(APSA16-02)(APSB16-15)(CVE-2016-4117等)
https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20160511-adobeflashplayer.html

3 その他
ご不明の点は当センター総務・システム係(内線22390、22490 Email:icccj@sapmed.ac.jp)までお問い合わせください。

【緊急】米マイクロソフト社製品の脆弱性対応について

日頃より当センターの運営にご理解とご協力いただき、ありがとうございます。
2016年4月13日、情報処理推進機構より米マイクロソフト社製品におきまして、重大なセキュリティホール(安全性に関する脆弱性の問題)が発表されました。
また、本脆弱性による攻撃が国内で確認されております。
つきましては、本学学内LANにおいてパソコンを使用されるみなさまにおかれましては、
次により対応をはかるとともに、Windows Updateやウイルスソフトを最新の状態にするなどにより
セキュリティ対策に積極的に取り組まれるようご協力のほど、よろしくお願い致します。

                     記

1 対応方法
現在、本セキュリティホールに対する修正プログラム(パッチ)はWindows Updateで配布されております。

2 本件に関する情報処理推進機構公表情報
Microsoft 製品の脆弱性対策について(2016年4月)
https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20160413-ms.html

3 その他
ご不明の点は当センター総務・システム係(内線22390、22490 Email:icccj@sapmed.ac.jp)までお問い合わせください。

ホーム > 障害、サービス停止&脆弱性情報

TOP

TOP