Sapporo Medical University Scholarly Communication Center

札幌医科大学附属総合情報センター

最新の新着情報

電子ジャーナル利用上のお知らせ(緊急)

当センター提供中の電子ジャーナルをお使いの皆様にお知らせいたします。
電子ジャーナルをご利用の際、大量ダウンロードは禁止事項となっておりますが、
Windows10の標準ブラウザでありますMicrosoft Edgeの「リンク先読み機能」に
よる大量アクセスが頻発しております。この機能が勝手に作用することにより、
本人の意図しないところでダウンロード件数がカウントされている状況に
なっております。
このため、次のとおり対応して頂きますようお願い致します。

[設定手順]
○Microsoft Edge
設定詳細設定を開き、「ページ予測を使って閲覧速度の向上、読み取りビューの改善、
全体的な使用感の向上を図る」をオフにしてください。

その他、以下のブラウザにつきましても設定して頂きますようお願い致します。

○Internet Explorer 11
インターネットオプション詳細設定を開き、「ブラウズ」の中の「パフォーマンスを最適化
するためにサイトとコンテンツをバックグラウンドで読み込む」のチェックを外してください。

○Google Chrome
設定詳細設定を開き、「予測サービスを使用してページをより迅速に読み込む」をオフにしてください。

○Fire Fox
URL欄に「about;config」と入力してコンフィグ画面を開き、「network.prefetch-next」を「false」
にしてください。

以上となります。
各自、ご対応のほどよろしくお願いいたします。

【緊急】[附属総合情報センターからのお知らせ]Windows及びAdobe Flash Playerの脆弱性対応について

日頃より当センターの運営にご理解とご協力いただき、ありがとうございます。
2017年10月17日、情報処理推進機構より米マイクロソフト社製品及びアドビ社製ソフトウェア「Adobe Flash Player」におきまして、
重大なセキュリティホール(安全性に関する脆弱性の問題)が発表されました。
また、米マイクロソフト社製品及びアドビ社製ソフトウェア「Adobe Flash Player」におきましては本脆弱性による攻撃が確認されております。
つきましては、本学学内LANにおいてパソコンを使用されるみなさまにおかれましては、
次により対応をはかるとともに、Windows Updateやウイルスソフトを最新の状態にするなどにより
セキュリティ対策に積極的に取り組まれるようご協力のほど、よろしくお願い致します。

                     記

1 対応方法
Windowsのセキュリティホールに対する修正プログラム(パッチ)はWindows Updateで配布されております。

Adobe Flash Playerにおきましては次のURLから最新版をインストールすると共に、
ご使用いただいているブラウザのバージョンアップを実行してください。

https://get.adobe.com/jp/flashplayer/

2 本件に関する情報処理推進機構公表情報
Microsoft 製品の脆弱性対策について(2017年10月)
https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20171011-ms.html

Adobe Flash Player の脆弱性対策について(APSB17-32)(CVE-2017-11292)
https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20171017-adobeflashplayer.html

3 その他
ご不明の点は当センター総務・システム係(内線22390、22490 Email:icccj@sapmed.ac.jp)までお問い合わせください。

【注意喚起】実在する企業を騙るスパムメールについて

日頃より当センターの運営にご理解とご協力いただき、ありがとうございます。
本学メールアドレス宛に実在する企業を騙るスパムメールが拡散されております。
情報センターで確認したスパムメールは複数ありますが、
確認したスパムメールには下記特徴がございます。

・その1
[メールアドレス]
info-raku@try3.net

[件名]
[TRY×3] 【発送連絡】 (送信専用)

[内容の一部]
この度はご利用誠に有難うございます。
お客様のご注文商品は、本日発送致しました。
商品到着まで今しばらくお待ち下さい。

・その2
[メールアドレス]
auto-reply@nafcocard.jp

[件名]
[ナデポ]登録受付のご案内

[内容の一部]
ナデポ会員の登録申請ありがとうございます。
下記のURLにアクセスし、会員登録を行ってください。

メール本文内の「詳しくはこちら」等のリンクを実行する事でオンライン銀行詐欺ツールや個人情報を抜き出すツール、PCのファイルを暗号化し脅迫行為を行うツールがPCにインストールされる仕組みになっており、知らないうちに個人情報が持ち出されたりする恐れがありますので絶対にクリックせず、そのままメールを削除してください。

これらのスパムメールは一見、正常なメールに見える事が特徴です。
存在するかのような社名を名乗ったり、「ご確認をお願い致します」といった文面を記載し、
メール受信者が添付ファイルを実行するように誘導しております。
所属員の皆様におきましては、ご注意のほど、よろしくお願い致します。

不審なメール、添付ファイルなどお心当たりがありましたら、当センター総務・システム係(内線22390、22490 Email:icccj@sapmed.ac.jp)までご遠慮なく照会ください。

今後もこのようなメールが届く事が予想されます。
十分ご注意くださいますようお願いします。

【緊急】[附属総合情報センターからのお知らせ]Windows及びAdobe Flash Playerの脆弱性対応について

日頃より当センターの運営にご理解とご協力いただき、ありがとうございます。
2017年10月17日、情報処理推進機構より米マイクロソフト社製品及びアドビ社製ソフトウェア「Adobe Flash Player」におきまして、
重大なセキュリティホール(安全性に関する脆弱性の問題)が発表されました。
また、米マイクロソフト社製品及びアドビ社製ソフトウェア「Adobe Flash Player」におきましては本脆弱性による攻撃が確認されております。
つきましては、本学学内LANにおいてパソコンを使用されるみなさまにおかれましては、
次により対応をはかるとともに、Windows Updateやウイルスソフトを最新の状態にするなどにより
セキュリティ対策に積極的に取り組まれるようご協力のほど、よろしくお願い致します。

                     記

1 対応方法
Windowsのセキュリティホールに対する修正プログラム(パッチ)はWindows Updateで配布されております。

Adobe Flash Playerにおきましては次のURLから最新版をインストールすると共に、
ご使用いただいているブラウザのバージョンアップを実行してください。

https://get.adobe.com/jp/flashplayer/

2 本件に関する情報処理推進機構公表情報
Microsoft 製品の脆弱性対策について(2017年10月)
https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20171011-ms.html

Adobe Flash Player の脆弱性対策について(APSB17-32)(CVE-2017-11292)
https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20171017-adobeflashplayer.html

3 その他
ご不明の点は当センター総務・システム係(内線22390、22490 Email:icccj@sapmed.ac.jp)までお問い合わせください。

【注意喚起】請求書を騙るスパムメールについて

日頃より当センターの運営にご理解とご協力いただき、ありがとうございます。
本学メールアドレス宛に請求書送付を騙るスパムメールが拡散されております。
情報センターで確認したスパムメールは複数ありますが、
確認したスパムメールには下記特徴がございます。

[件名その1]
「請求書」 : 数字5桁
[件名その2]
請求書払い : 数字5桁
[件名その3]
請求書払い (数字5桁)

メールの添付ファイルを実行する事でオンライン銀行詐欺ツールや個人情報を抜き出すツール、PCのファイルを暗号化し脅迫行為を行うツールがPCにインストールされる仕組みになっており、知らないうちに個人情報が持ち出されたりする恐れがありますので絶対にクリックせず、そのままメールを削除してください。

これらのスパムメールは一見、正常なメールに見える事が特徴です。
存在するかのような社名を名乗ったり、「ご確認をお願い致します」といった文面を記載し、
メール受信者が添付ファイルを実行するように誘導しております。
所属員の皆様におきましては、ご注意のほど、よろしくお願い致します。

不審なメール、添付ファイルなどお心当たりがありましたら、当センター総務・システム係(内線22390、22490 Email:icccj@sapmed.ac.jp)までご遠慮なく照会ください。

今後もこのようなメールが届く事が予想されます。
十分ご注意くださいますようお願いします。

【注意喚起】Appleからのアカウント確認を装ったフィッシングメール

日頃より当センターの運営にご理解とご協力いただき、ありがとうございます。
本学メールアドレス宛にApple社のアカウント確認を装ったフィッシングメールが拡散されております。
確認したフィッシングメールには下記特徴がございます。

件名:あなたのアカウントは一時的に無効になっています
差出人:Apple <xxx@ar-apleid.com>
※「xxx」の部分は不定

メールのリンク先はAppleIDを詐取するためのフィッシングサイトとなっております。
知らないうちに個人情報が持ち出されたり、IDのパスワードが変更される恐れがありますので絶対にクリックせず、そのままメールを削除してください。

これらのフィッシングメールは一見、正常なメールに見える事が特徴です。
存在するかのような社名を名乗ったり、本当のログイン画面そっくりのフィッシングサイトを構築しております。
所属員の皆様におきましては、ご注意のほど、よろしくお願い致します。

不審なメール、添付ファイルなどお心当たりがありましたら、当センター総務・システム係(内線22390、22490 Email:icccj@sapmed.ac.jp)までご遠慮なく照会ください。

今後もこのようなメールが届く事が予想されます。
十分ご注意くださいますようお願いします。

【注意喚起】振込口座変更を騙るスパムメールについて

日頃より当センターの運営にご理解とご協力いただき、ありがとうございます。
本学メールアドレス宛に株式会社ジャパントラスト社を騙るスパムメールが拡散されております。
情報センターで確認したスパムメールは複数ありますが、
確認したスパムメールには下記特徴がございます。

件名:【お振込口座変更のご連絡】
差出人:佐々木 康人(メールアドレスは不定)

メールの添付ファイルを実行する事でオンライン銀行詐欺ツールや個人情報を抜き出すツール、PCのファイルを暗号化し脅迫行為を行うツールがPCにインストールされる仕組みになっており、知らないうちに個人情報が持ち出されたりする恐れがありますので絶対にクリックせず、そのままメールを削除してください。

これらのスパムメールは一見、正常なメールに見える事が特徴です。
存在するかのような社名を名乗ったり、「ご確認をお願い致します」といった文面を記載し、
メール受信者が添付ファイルを実行するように誘導しております。
所属員の皆様におきましては、ご注意のほど、よろしくお願い致します。

不審なメール、添付ファイルなどお心当たりがありましたら、当センター総務・システム係(内線22390、22490 Email:icccj@sapmed.ac.jp)までご遠慮なく照会ください。

今後もこのようなメールが届く事が予想されます。
十分ご注意くださいますようお願いします。

ProQuest関連の電子ジャーナルご利用になれます

昨日7月18日に発生いたしましたProQuest関連の電子ジャーナルへのアクセスに対して
のエラーについて、本日、復旧完了の連絡がありましたのでお知らせいたします。

ご利用の皆様にはご不便をおかけし申し訳ございませんでした。
ご不明の点がございましたら下記までご連絡ください。

担当 附属総合情報センター 図書係
内線 24230、24160
e-mail:serial [アットマーク] sapmed.ac.jp

1 / 2312345...1020...最後 »

Home

TOP

TOP