Sapporo Medical University Scholarly Communication Center

Home > 障害、サービス停止&脆弱性情報 > 【注意喚起】実在する企業のアカウント検証を装ったフィッシングメールについて

【注意喚起】実在する企業のアカウント検証を装ったフィッシングメールについて

日頃より当センターの運営にご理解とご協力いただき、ありがとうございます。
6月28日の15時19分頃より、本学メールアドレス宛にAmazonのアカウント検証を装ったフィッシングメールが拡散されております。
情報センターで確認した確認したフィッシングメールには下記特徴がございます。

[件名]
アラート:あなたのアカウントは閉鎖されます。

[本文]
ご注意ください!

大変申し訳ございません、あなたのアカウントは閉鎖されます。あなたのアカウントAmazonを更新できませんでした、これは、力ードが期限切れになったか、請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由で発生する可能性があります。

メール本文内の「「アカウント検証」等のリンク先はAmazonアカウントを詐取するためのフィッシングサイトとなっております。
知らないうちに個人情報が持ち出されたり、IDのパスワードが変更される恐れがありますので絶対にクリックせず、そのままメールを削除してください。

これらのフィッシングメールは一見、正常なメールに見える事が特徴です。
存在するかのような社名を名乗ったり、本当のログイン画面そっくりのフィッシングサイトを構築しております。
所属員の皆様におきましては、ご注意のほど、よろしくお願い致します。

不審なメール、添付ファイルなどお心当たりがありましたら、当センター総務・システム係(内線22390、22490 Email:icccj@sapmed.ac.jp)までご遠慮なく照会ください。

今後もこのようなメールが届く事が予想されます。
十分ご注意くださいますようお願いします。

Home > 障害、サービス停止&脆弱性情報 > 【注意喚起】実在する企業のアカウント検証を装ったフィッシングメールについて

TOP

TOP