Sapporo Medical University Scholarly Communication Center

Home > 図書館サービス > サービス全般

サービス全般

国公私立大学図書館間文献複写に関する協定

国公私立大学図書館間文献複写に関する協定

昭和62年2月6日実施
国公私立大学図書館協力委員会決定

(目的)
1 この協定は、国立大学図書館協議会、公立大学図書館協議会、および私立大学図書館協会に加盟する図書館間相互の文献複写業務の円滑化を図り、もって、わが国の学術研究・教育の進展に寄与することを目的とする。

(利用の範囲)
2 文献複写の資料の範囲、その他の事項については、受付館の規定するところによる。

(著作権)
3 文献複写の依頼及び受付にあたっては、著作権の保護に留意し、その運用に当たらなければならない。

(経費)
4 文献複写に係る経費の支払は、依頼館の責任とする。

(手続等)
5 文献複写の依頼、受付け等に関する事項は、別に定める「国公私立大学図書館間文献複写マニュアル」により処理するものとする。

(附則)
1 この協定の改廃は、国公私立大学図書館協力委員会において決定する。
2 この協定は昭和62年2月6日より実施する。

図書館利用規程

札幌医科大学附属総合情報センター図書館利用規程

平成19年4月1日 規定第166号

 (趣旨)
第1条 この規程は、札幌医科大学附属総合情報センター図書館(以下「図書館」という。)の利用に関する事項を定めるものとする。

(開館時間及び特別開館時間)
第2条 図書館の開館時間及び特別開館時間は、次のとおりとする。ただし、附属総合情報センター所長(以下「所長」という。)が特に必要と認めたときは、開館時間を変更することができる。

区          分

開 館 時 間

特 別 開 館

月曜日から金曜日 通常時間 午前9時から午後8時 午後8時15分から翌日の午前9時
夏季休業及び冬季休業 午前9時から午後5時 午後5時15分から翌日の午前9時
土曜日・日曜日及び国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

24時間

(休館日)
第3条 図書館の休館日は、次のとおりとする。ただし、所長が特に必要と認めたときは、臨時に休館することができる。
(1) 12月29日から翌年1月3日まで
(2) 所長が別に定める蔵書点検整理日

(利用者)
第4条 図書館を利用できる者(以下「利用者」という。)は、教職員(名誉教授、客員教授及び客員准教授、臨床教授、臨床准教授及び臨床講師、訪問教授、非常勤講師、研修医を含む。)、学生(大学院生及び助産学専攻科生を含む。)、研究生等(以下「学内利用者」という。)、並びに所長が許可した者
(以下「学外利用者」という。)とする。
2 特別開館時間の利用者は、所長が別に定める。

(利用者カードの交付)
第5条 学内利用者(学生証を交付された者を除く。)には、利用者カードを交付する。
2 学外利用者には、所定の手続きを経て利用者カードを交付する。

(資料の管理)
第6条 本学所蔵の図書、雑誌等(以下「資料」という。)は、事務局の所管に係るものを除き、図書館が管理する。
2 資料の保管場所は、図書館のほか所長が指定する場所(以下「講座等」という。)とする。

(閲覧)
第7条 利用者は、資料を自由に検索し、閲覧することができる。
2 利用者は、講座等に保管している資料を利用する場合は、当該講座等の責任者の指示に従うものとする。
3 利用者は、閲覧後、閲覧した資料を所定の場所に返納しなければならない。

(貸出し)
第8条 利用者(学外利用者にあっては、所長が特に認めた場合に限る。)は、次の各号に規定する貸出し禁止資料を除き、所定の手続きを経て資料の貸出しを受けることができる。
(1) 二次文献(抄録誌、索引誌等)
(2) AV資料
(3) 未製本雑誌
(4) その他「禁帯出」の標示のある資料
2 講座等に保管している資料は、利用者が直接、当該講座等から貸出しを受けるものとする。
3 貸出しを受けることができる冊数及び期間は、所長が別に定める。

(返納)
第9条 資料の貸出しを受けた者は、貸出期間の満了の日までに当該資料を返納しなければならない。
ただし、 貸出期間内であっても、所長が返納を命じたときは、速やかに返納しなければならない。

(複写又は印刷)
第10条 利用者は、著作権法(昭和45年法律第48号)により許容される範囲内において、図書館の資料を複写又は印刷することができる。
2 複写又は印刷する資料に係る著作権等の一切の責任は、利用者が負うものとする。
3 複写又は印刷の料金その他の必要事項は、別に定める。

(相互利用)
第11条 利用者(学外利用者にあっては、所長が特に認めた場合に限る。)は、本学以外の図書館等が所蔵する資料の利用の申込みを、所定の手続きを経て図書館に依頼することができる。
2 本学以外の図書館等から、資料の利用申込みがあったときは、所長は、本学の教育研究に支障のない範囲で所長はこれを許可することができる。

(情報の検索)
第12条 利用者(学外利用者にあっては、所長が特に認めた場合に限る。)は、図書館システムを利用して図書館情報を検索することができる。

(参考調査)
第13条 利用者(学外利用者にあっては、所長が特に認めた場合に限る。)は、図書館に、資料の利用、情報検索、事項調査、文献所在調査等の質問又は調査を依頼することができる。

(施設の利用)
第14条 利用者(学外利用者にあっては、所長が特に認めた者に限る。)は、所長の承認を受けて、AVルーム、研究個室及びセミナー室を利用することができる。ただし、所長は、利用目的に応じて、その利用を制限することができる。

2 各施設の利用細則は、所長が別に定める。

(遵守事項)
第15条 利用者は、次の事項を遵守しなければならない。
(1) 資料及び図書館の施設を汚損し、又は破損しないこと。
(2) 資料を転貸しないこと。
(3) 資料を旅行先等へ携行しないこと。ただし、所長が特に認めた場合は、この限りでない。

(利用の制限又は禁止)
第16条 所長は、この規程に違反した者に対しては、図書館の利用を制限し、又は禁止することができる。

(損害の賠償)
第17条 利用者は、図書館資料又は図書館の施設を汚損し、破損し、又は亡失したときは、速やかに所長に届け出るとともに、所長の指示に従い、相当の現品又は代価をもって、賠償しなければならない。

(所長への委任)
第18条 この規程に定めるもののほか、図書館の利用に関し必要な事項は、札幌医科大学附属総合情報センター運営委員会に諮り、所長が別に定める。

図書館利用上の留意事項

図書館利用上の留意事項

 図書館は公共の場です。当館をご利用されるみなさまは他の利用者が気持ち良く過ごせるよう次のマナー遵守をお願いいたします。なお、図書館の指導に従えない利用者は退館いただく場合もあります。

1 館内での飲食はラウンジで願います。ラウンジ以外での飲食および飲食物の持ち込みはお断りいたします。

2 本学建物内は全て「禁煙」です。館内での喫煙はできません。

3 携帯電話は使用できません。館内では電源を切るか、マナーモードに設定してください。

4 他の利用者の迷惑となる私語および行為はお控えください。

5 荷物等によって座席を確保し、長時間にわたり席を占有することはお止めください。

6 資料の汚損、破損に注意願いますとともに、備品および設備をみだりに移動しないよう願います。

7 図書館資料は所定の貸出手続きを行った上で帯出願います。

8 第三者へのIDカードの貸与は行わないでください。

資料の購入と寄贈

資料の購入と寄贈

図書館では、学術的なもの及び講義に関連する図書や臨床・研究に必要な図書の購入や収集を行っております。手続き方法は次のとおりです。

資料の購入希望について(学内利用者)

- 図書館への購入希望および購入資料の推薦

このページの「図書購入申込書(PDF)」に必要事項をご記入の上、以下のいづれかの方法をご利用ください。
(1)印刷して、2階カウンターに提出してください。
(2)        ”      、ファイルをメールに添付してお送りください。  (送付先メールアドレス E-mail: book@sapmed.ac.jp)

※ 購入希望の受付は原則、学部学生を対象としております。
※ 予算が限られておりますのでご希望に添えない場合もございます。ご了承ください。

図書購入申込書(PDF)

 - 講座等における公費での資料の購入

物品購入決定書により図書を購入する手続きをしてください。
購入した図書は、すべて大学の資産として登録する必要があります。図書館にて登録手続きを行いますのでお手数ですが図書館までお持ちください。

資料の寄贈について

本学に所蔵されていない資料、本学図書館の収集基準に適応するものを随時受け付けしております。ご寄贈くださる資料につきましては、お手数ですが図書係までお持ちください。
また、本学関係者(教官・卒業生)の著作に関しましては、館内の2階に「札幌医科大学関連出版物」として展示コーナーを設け、積極的に収集を行っております。著作ご出版の際には、ご寄贈のご協力をよろしくお願いいたします。

お問い合わせ先

手続き等でご不明の点がございましたら下記までご照会ください。
総合情報センター図書係
(内線24160、24260 E-mail: serial@sapmed.ac.jp)

文献複写

 

文献複写サービス

図書館内での複写

2~4階にコイン式複合機を設置していますのでご利用ください。ご利用上の注意事項は次のとおりです。
- 複写は図書館資料に限ります。講義ノートなど複写利用はお断りします。
- 複写料金はモノクロ1枚10円、カラーは1枚50円です。
- 使える金種は10円、50円、500円、1,000円です。両替はできませんので事前にご用意願います。
- 複写を終えた図書館資料は複写コーナーの書架にご返本ください。
- 紙詰まりなどの故障は通常開館時(平日、月~金曜日9時~20時)は図書館カウンターまでご連絡ください。

文献複写依頼サービス

学内所属員
本学に所蔵していない資料は他大学等より複写物、または資料原本でのお取り寄せができます。またお申し込みはインターネットを使い、本学蔵書目録(Sapmed OPAC)やPubMedなどの二次情報データベースの検索結果から直接行うことができます(下図参照)。ご利用を希望される本学所属員は申請書に必要事項をご記入、捺印の上、図書館カウンターまでご提出ください。[学内所属員用申請書][申請書記入要領]
なお、文献のお取り寄せについては、コピー代金、郵送料などの実費をご負担いただきます。また、お申し込みにあたっては電子メール(E-mail)・アドレスが必要です。お持ちでない方はこちらをご覧ください。[ 電子メールアドレスの取得方法を見る

 

学外利用者
学外利用者(元本学教職員、本学卒業生、臨床登録医、客員臨床医師、北海道内在住の地域医療従事者)及び医療機関等が、当センターへ文献複写の申し込みを行うことができます。詳細についてはこちらをご参照ください⇒文献情報提供サービス

各種マニュアル
⇒「資料の探し方」(札医大所蔵の図書や雑誌を探す)(音声あり 音声なし

⇒「文献検索:PubMed編」(音声あり 音声なし
⇒「文献検索:医中誌Web編」(音声あり 音声なし
⇒「医中誌Web(ISSNエラー)の操作手順
⇒「道外医療機関向け文献複写」(音声あり 音声なし

お問い合わせ先

利用上、ご不明な点等がございましたら下記までご照会ください。
総合情報センター図書係(担当:利用サービス、内線24240、24250 E-mail: libserv@sapmed.ac.jp)

図:二次情報データベース検索結果からの文献提供までの流れ

3 / 512345

ホーム > 図書館サービス > サービス全般

TOP

TOP