Sapporo Medical University Scholarly Communication Center

Home > サービス全般 > 札幌医科大学附属総合情報センター図書館利用規程

札幌医科大学附属総合情報センター図書館利用規程

札幌医科大学附属総合情報センター図書館利用規程

平成19年4月1日 規定第166号

(趣旨)
第1条 この規程は、札幌医科大学附属総合情報センター図書館(以下「図書館」という。)の利用に関する事項を定めるものとする。

(開館時間及び特別開館時間)
第2条 図書館の開館時間及び特別開館時間は、次のとおりとする。ただし、附属総合情報センター長(以下「センター長」という。)が特に必要と認めたときは、開館時間を変更することができる。

区分 開館時間 特別開館
月曜日から金曜日 通常時間 午前9時から午後8時 午後8時15分から翌日の午前9時
夏季休業及び冬季休業 午前9時から午後5時 午後5時15分から翌日の午前9時
土曜日・日曜日及び国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日 24時間

(休館日)
第3条 図書館の休館日は、次のとおりとする。ただし、センター長が特に必要と認めたときは、臨時に休館することができる。
(1) 12月29日から翌年1月3日まで
(2) センター長が別に定める蔵書点検整理日

(利用者)
第4条 図書館を利用できる者(以下「利用者」という。)は、教職員(名誉教授、客員教授及び客員准教授、臨床教授、臨床准教授及び臨床講師、訪問教授、非常勤講師、研修医を含む。)、学生(大学院生及び助産学専攻科学生を含む。)、研究生等(以下「学内利用者」という。)並びにセンター長が許可した者
(以下「学外利用者」という。)とする。
2 特別開館時間の利用者は、センター長が別に定める。

(利用者カードの交付)
第5条 学内利用者(学生証を交付された者を除く。)には、利用者カードを交付する。
2 学外利用者には、所定の手続きを経て利用者カードを交付する。

(資料の管理)
第6条 本学所蔵の図書、雑誌等(以下「資料」という。)は、事務局の所管に係るものを除き、図書館が管理する。
2 資料の保管場所は、図書館のほかセンター長が指定する場所(以下「講座等」という。)とする。

(閲覧)
第7条 利用者は、資料を自由に検索し、閲覧することができる。
2 利用者は、講座等に保管している資料を利用する場合は、当該講座等の責任者の指示に従うものとする。
3 利用者は、閲覧後、閲覧した資料を所定の場所に返納しなければならない。

(貸出し)
第8条 利用者(学外利用者にあっては、センター長が特に認めた場合に限る。)は、次の各号に規定する貸出し禁止資料を除き、所定の手続きを経て資料の貸出しを受けることができる。
(1) 二次文献(抄録誌、索引誌等)
(2) AV資料
(3) 未製本雑誌
(4) その他「禁帯出」の標示のある資料
2 講座等に保管している資料は、利用者が直接、当該講座等から貸出しを受けるものとする。
3 貸出しを受けることができる冊数及び期間は、センター長が別に定める。

(返納)
第9条 資料の貸出しを受けた者は、貸出期間の満了の日までに当該資料を返納しなければならない。
ただし、 貸出期間内であっても、センター長が返納を命じたときは、速やかに返納しなければならない。

(複写又は印刷)
第10条 利用者は、著作権法(昭和45年法律第48号)により許容される範囲内において、図書館の資料を複写又は印刷することができる。
2 複写又は印刷する資料に係る著作権等の一切の責任は、利用者が負うものとする。
3 複写又は印刷の料金その他の必要事項は、別に定める。

(相互利用)
第11条 利用者(学外利用者にあっては、センター長が特に認めた場合に限る。)は、本学以外の図書館等が所蔵する資料の利用の申込みを、所定の手続きを経て図書館に依頼することができる。
2 本学以外の図書館等から、資料の利用申込みがあったときは、センター長は、本学の教育研究に支障のない範囲でこれを許可することができる。

(情報の検索)
第12条 利用者(学外利用者にあっては、センター長が特に認めた場合に限る。)は、図書館システムを利用して図書館情報を検索することができる。

(参考調査)
第13条 利用者(学外利用者にあっては、センター長が特に認めた場合に限る。)は、図書館に、資料の利用、情報検索、事項調査、文献所在調査等の質問又は調査を依頼することができる。

(施設の利用)
第14条 利用者(学外利用者にあっては、センター長が特に認めた者に限る。)は、センター長の承認を受けて、AVルーム、研究個室及びセミナー室を利用することができる。ただし、センター長は、利用目的に応じて、その利用を制限することができる。
2 各施設の利用細則は、センター長が別に定める。

(遵守事項)
第15条 利用者は、次の事項を遵守しなければならない。
(1) 資料及び図書館の施設を汚損し、又は破損しないこと。
(2) 資料を転貸しないこと。
(3) 資料を旅行先等へ携行しないこと。ただし、センター長が特に認めた場合は、この限りでない。

(利用の制限又は禁止)
第16条 センター長は、この規程に違反した者に対しては、図書館の利用を制限し、又は禁止することができる。

(損害の賠償)
第17条 利用者は、図書館資料又は図書館の施設を汚損し、破損し、又は亡失したときは、速やかにセンター長に届け出るとともに、センター長の指示に従い、相当の現品又は代価をもって、賠償しなければならない。

(センター長への委任)
第18条 この規程に定めるもののほか、図書館の利用に関し必要な事項は、札幌医科大学附属総合情報センター運営委員会に諮り、センター長が別に定める。
附則
この規程は、平成19年4月1日から施行する。
附則(平成20年4月1日規程第215号)
この規程は、平成20年4月1日から施行する。
附則(平成25年3月19日規程第4号)
この規程は、平成25年4月1日から施行する。
附則(平成26年3月13日規程第8号)
この規程は、平成26年4月1日から施行する。

Home > サービス全般 > 札幌医科大学附属総合情報センター図書館利用規程

TOP

TOP