Sapporo Medical University Scholarly Communication Center

Home > 電子化支援ジャーナル > 双方向型医学系サブジェクトリポジトリ技術基盤の形成

双方向型医学系サブジェクトリポジトリ技術基盤の形成

次世代学術コンテンツ基盤共同構築事業 学術機関リポジトリ構築連携支援事業 平成20-21年度委託事業(領域2)

双方向型医学系サブジェクトリポジトリ技術基盤の形成
The development of an open access and bi-directional repository for medical science

当サイトは、国立情報学研究所実施の「次世代学術コンテンツ基盤共同構築事業 学術機関リポジトリ構築連携支援事業 平成20-21年度委託事業(領域2)」により委託を受けた本学提案プロジェクト「双方向型医学系サブジェクトリポジトリ技術基盤の形成」の情報発信のためのサイトです。

■ プロジェクト名
双方向型医学系サブジェクトリポジトリ技術基盤の形成
The development of an open access and bi-directional repository for medical science.

■ 担当大学
札幌医科大学

■ プロジェクトの概要
本プロジェクトは、国内で産出された医学・保健医療学分野の研究成果論文を効果的に発信するための医学系サブジェクトリポジトリの構築を目的とし、次の技術手法の検証、開発を行います。
・医学系サブジェクトリポジトリは、ExLibris社メタサーチ・システム「MetaLib(メタリブ)」をプラットフォームとします。
・医学系サブジェクトリポジトリ収録データは、国内医科系機関リポジトリを対象とし、国立情報学研究所リポジトリJAIROからのOAI-PMHハーベスティングより整備します。
・「AIRwayプロジェクト」など先行するリンクリゾルバシステムとの相互補完関係の形成を目的とし、ExLibris社リンキングリゾルバ「SFX」(sample画面)を活用したオリジナル・データ(原論文)への誘導技術を確立します。
This project involves the construction of an open access and bi-directional repository in order to dispatch the research results of dissertations within the hygienic medical field around the country as effectively as possible
– The ExLibris systems corporation is responsible for making the metasearch system “MetaLib”, which is incorporated in the platform.
– A domestic medical repository is employed for recording data. This Institutional repository is serviced with harvesting which uses “OAI-PMH”.
– Induction to original articles is achieved via the application of a “SFX” link-resolver.

- 双方向型医学系サブジェクトリポジトリ・イメージ図 -

■ 実施計画
本プロジェクトは、大別して国内医科系機関リポジトリのハーベスティングを通した検索環境の整備とSFXを活用した外部データベースとのシームレスな連動の2つを技術基盤の形成を目的としています。実施計画は、次のとおり平成20~21年度の2ヵ年により進めます。

■ 国内医学論文リポジトリ(MetaLib版)
平成20年度において、医学系サブジェクトリポジトリの検索環境の整備を主体とした開発を行い、H21年4月よりMetaLibを検索プラットフォームとする「国内医学論文リポジトリ」として次のとおり公開を行っています。
>> 国内医学論文リポジトリを利用する
>> 収録機関は、53機関(国立37、公立4、私立12、整備中も含む)
>> 収録機関一覧は、こちら ===>  収録機関一覧
>> 平成20年度CSI委託事業報告交流会(コンテンツ系)領域2 ポスター スライド

■ 医学系サブジェクトリポジトリ対応リンク・リゾルバ(X-Server/SFX版)
医学中央雑誌などの外部データベースからの要求に対し、ハーベスティングした医学系サブジェクトリポジトリ・データを用い、SFXによるオリジナル・リポジトリ・データへのハンドリングを行います。
システム的には、SFXからのリクエストをもとに、MetaLib X-Serverによる医学系サブジェクトリポジトリ・データの検索を行い、提供できる原報がある場合、SFXに該当文献のURIを返し(Fetching)、誘導を行います(下図参照)。
ハンドリングは、個々の機関リポジトリ単位、または複数の機関リポジトリを指定することができます。国立情報学研究所JAIROに未収録のリポジトリもハンドリングできます。
平成21年度は試行提供、同22年4月よりの正式提供を予定しています。

サンプルデータ(出典:医中誌Web)

2007225742 術前補助療法施行例の検討(会議録)
Author:岡阪敏樹(名古屋大学 呼吸器外科), 伊藤志門, 佐藤尚他, 内山美佳, 宇佐美範恭, 横井香平
Source:肺癌(0386-9628)47巻2号 Page201(2007.04)

>> その他のサンプルデータは、こちら ==> サンプルデータを試す!
>> 国立情報学研究所JAIROに収録されていないリポジトリを運用され、ハンドリングをお試しになられたい機関のご担当者様は、下記までご照会ください。

■ お問い合わせ先
札幌医科大学附属総合情報センター 情報システム係
tel 011-611-2111(内線22390, 22490)/ fax 011-641-9646
E-mail: icccj[アット]sapmed.ac.jp

Home > 電子化支援ジャーナル > 双方向型医学系サブジェクトリポジトリ技術基盤の形成

TOP

TOP