Sapporo Medical University Scholarly Communication Center

Home > 図書館サービス > 電子コンテンツ

電子コンテンツ

札幌医学雑誌 第84巻

総    説

1.札幌医科大学における 38 年間の研究について

…………………………………………………………………………………………… 山下利春   (1-5)

2.口腔癌の外科治療:国際共同研究の結果と比較して治療結果を検証する

………………………………………… 平塚博義,宮崎晃亘,出張裕也,荻   和弘,三木善樹,

………………………………………… 小林淳一,上田  愛,五十嵐友彦,島西真琴,仲盛健治,

………………………………………… 宮川 明,関口 隆,井出 隆           (7-11)

3.間質性肺炎とサーファクタント蛋白質

…………………………………………………………………………………………… 高橋弘毅(13-17)

原    著

1.Net-step exercise and depressive symptoms among the community-dwelling elderly in Japan

………………Satoko SHOWA, Kazutoshi KITAZAWA, Miki TAKEUCHI, Mitsuru MORI   (19-26)

2.   Factors influencing attitudes toward end-of-life care by  care  workers  at  special  nursing

homes for the elderly: A cross-sectional study in Japan

………………………………………  Michiyo  YAMAMOTO,  Hirofumi  OHNISHI,  Asae  OURA,

…………………Takeshi  YAMAMOTO,  Hisako  IZUMI,  Miwa SUZUMURA,Mitsuru MORI      (27-33)

研究論文紹介

1.Increased duodenal iron absorption through up-regulation of  divalent  metal  transporter

1 from enhancement of iron regulatory protein 1 activity in patients with nonalcoholic

steatohepatitis. Hepatology. 2015 Sep; 62(3): 751-761

………………………………………………………………………… Toshifumi HOKI et al. (36-37)

2.Evaluation of language function under awake.

Neurol Med Chir (Tokyo). 2015; 55(5): 367-373

………………………………………………………… Aya KANNO and Nobuhiro MIKUNI (38-39)

3.Suppression of bone marrow-derived microglia in the amygdala improves anxiety-like behavior

induced by chronic partial sciatic nerve ligation in mice. PAIN 2014; 155(9): 1762-1772

………………………………………………………………………… Atsushi SAWADA et al. (40-41)

4.Intravenous preload of mesenchymal stem cells rescues erectile function in a rat model of

cavernous nerve injury. J Sex Med 2015; 12(8): 1713-1721

………………………………………………………………………… Akio TAKAYANAGI et al. (42-43)

5.Downregulation of miR122 by grainyhead like-2 restricts the hepatocytic differentiation potential

of adult liver progenitor cells. Development 2014; 141(23): 4448-4456

………………………………………………………………………… Naoki TANIMIZU et al. (44-45)

編集後記

札幌医学雑誌 第85巻

総    説

1.高血圧, メタボリックシンドロームの疫学・基礎・臨床研究による包括的研究

……………………………………………………………………………………………..島本和明 (1-5)

2.研究経営論: 過去・現在・未来の公衆衛生学の研究

…………………………………………………………………………………………….. 森   満 (7-11)

3.ホメオスタシスを維持するタイト結合とヒト疾患

……………………………………………………………………………………………..澤田典均(13-20)

4. ウイルス性炎症における上気道粘膜の役割と免疫応答

……………………………………………………………………………………………..氷見徹夫(21-27)

原    著

1.中年期女性の尿失禁のリスク要因の検討

……………………………………………………………………………………….. 原井美佳, 森  満(29-32)

2.BK channels in human periodontal ligament fibroblasts

………… 白鳥香理, 小林武志, 深尾充宏, 出張裕也, 宮崎晃亘, 平塚博義, 當瀬規嗣    (33-38)

3.    Factors Influencing Attitudes toward End-of-life Care by Care Workers at Special Nursing

Homes for the Elderly: A Longitudinal Study in Japan

…………….. Michiyo YAMAMOTO, Asae OURA, Takeshi YAMAMOTO, Hisako IZUMI,

・・・・・・Miwa SUZUMURA, Hirofumi OHNISHI, Mitsuru MORI ・・・ (39-45)

 

活 動 報 告

1 性暴力被害者支援センター北海道(SACRACH)

…………………… 堀本江美, 平山恵美, 須見よし乃, 宮崎みち子, 渡邊由加利          (49-52)

研究論文紹介

 

1.Brother of the regulator of the imprinted site (BORIS) variant subfamily 6 is

involved in cervical cancer stemness and can be a target of immunotherapy.

Oncotarget 2016; 8(7): 11223-11237

……………………………………………………………………………………….. Takuya ASANO  et al.(54-55)

2.The influence of anesthetic depth on motor evoked potential response during awake craniotomy.

J Neurosurg 2016; Mar 4:1-6.

……………………………………………………………………………………….. Shunya OHTAKI  et al.(56-57)

3.Low-frequency IL23R coding variant associated with Crohn’s disease susceptibility in Japanese

subjects identified by personal genomics analysis. PLoS One 2015; 10: e0137801

……………………………………………………………………………………….. Kei ONODERA  et al.(58-59)

4.Cancer-Associated Oxidase ERO1-α Regulates the Expression of MHC Class I Molecule via

Oxidative Folding.  J Immunol 2015; 194(10): 4988-4996

…………………………………………………………………………………… Kazuharu KUKITA  et al. (60-61)

5.Microenvironmental stresses induce HLA-E/Qa-1 surface expressionand thereby reduce CD8(+)

T-cell recognition of stressed cells. Eur J Immunol 2016; 46: 929-940

…………………………………………………………………………………. Takanori SASAKI et al. (62-63)

6. Severity of myasthenia gravis influences the relationship between train-of-four ratio and twitch

tension, and run-down of rat endplate potentials.  Anesthesiology 2016; 124(2): 369-377

………………………………………………………………………………. Kazunobu TAKAHASHI et al.(64-65)

7. Heat shock protein 90α is a potential serological biomarker of acute rejection after renal

transplantation. PLoS One 2016; 11(9): e0162942.

……………………………………………………………………………………. Takeshi MAEHANA et al.(66-67)

編集後記

札幌医学雑誌 第86巻

総    説

  1. ウイルスとこども達

……………………………………… 堤  裕幸,要藤裕孝,堀    司,津川  毅,山本雅樹   (1-8)

  1. 地域医療総合医学講座の研究

…………………………………………………………………………………………… 山本和利 (9-16)

原    著

  1. 無作為抽出された道内二市住民,40歳代から70歳代の抑うつ所見と口渇及び服薬との関連

……………………………………………………………………………… 鈴木恵三,森    満(17-23)

  1. Factors related to depression among childcare worker; Cross-sectional study in Hokkaido, Japan

………………………Asae OURA, Miwa SUZUMURA, Michiyo YAMAMOTO, Hiroko YAKO-SUKETOMO,

………………………Kayoko KATAYAMA, Asako TOKIZAWA, Tomoyo SATO, Mitsuru MORI (25-32)

  1. 開放隅角緑内障患者における視野障害進行因子の検討

………………………………… 近藤みどり,梅田和志,稲富周一郎,大黒幾代,大黒 浩(33-43)

  1. Early expression of serum CCL8 closely correlates to non-relapse mortality after allogeneic

hematopoietic stem cell transplantation

……………Masaki YAMAMOTO, Tsukasa HORI, Naoki HATAKEYAMA, Keita IGARASHI,

……………Natsuko INAZAWA, Nobuhiro SUZUKI, Norio TAKEI, Yoichi M. ITO,

……………Kimikazu MATSUMOTO, Koji KATO, Hiroyuki TSUTSUMI, Yasuo KOKAI (45-51)

  1. Comparisons of kinematics during stair motion in total  knee  arthroplasty: Single-radius versus

J-curved designs

……………………Yuichiro KII, Tetsuya TOMITA, Takaharu YAMAZAKI, Hideki YOSHIKAWA,

……………………Toshihiko YAMASHITA, Kazuomi SUGAMOTO ………………………………(53-61)

  1. SIRT1 negatively regulates the expression of Prl2C3, a senescence-associated protein

…………………Kohei HORIMOTO, Risa KUNIMOTO, Risa HASHIMOTO, Naohiro UEDA,

…………………Ryusuke HOSODA, Atsushi KUNO, Toshiharu YAMASHITA, Yoshiyuki HORIO (63-71)

  1. Acupuncture’s evidences: even slight stimuli could alter body functions, suggesting a “resetting” effect

…………………………………………………… Shougo MIZOGUCHI, Haruyuki TATSUMI (73-83)

  1. Are ADC histogram metrics repeatable?

…………………… Koichi ONODERA, Naoya YAMA, Maki ONODERA, Naomi KOYAMA,

…………………… Yoshifusa KYUNA, Mitsuhiro NAKANISHI, Masamitsu HATAKENAKA (85-93)

研究論文紹介

  1. Toll-like receptor  7  is  overexpressed  in  the  bladder  of  Hunner  type  interstitial  cystitis and its activation in the mouse bladder can induce cystitis and bladder pain. Pain. 2017; 158(8):1538-1545

…………………………………………………………………………… Koji ICHIHARA et al.(96-97)

  1. Transplantation of  Thy1+    cells  accelerates  liver  regeneration  by  enhancing  the  growth  of small hepatocyte-like progenitor  cells  via  IL17RB  Signaling.  Stem  Cells.  2017; 35: 920-931

……………………………………………………………………… Norihisa ICHINOHE et al.(98-99)

  1. MicroRNA-196b is an independent prognostic biomarker in  patients  with  pancreatic.

Carcinogenesis. 2017; 38(4): 425-431

………………………………………………………………………… Shinichi KANNO et al.(100-101)

  1. The bicellular tensile force sorts the localization  of  LSRs  in  bicellular  and  tricellular junctions.

Ann N Y Acad Sci. 2017; 1397(1): 185-194

…………………………………………………………………………Takayuki KOHNO et al.(102-103)

  1. Prolyl isomerase Pin1 promotes  survival  in  EGFR-mutant  lung  adenocarcinoma  cells  with an epithelial-mesenchymal transition phenotype. Lab Invest. 2016; 96(4): 391-398

……………………………………………………………………………… Yuji SAKUMA et al.(104-105)

  1. Chronic treatment with an erythropoietin  receptor  ligand  prevents  chronic  kidney  disease–induced enlargement of myocardial infarct size. Hypertension. 2016; 68(3): 697-706

………………………………………………………………………Keitaro NISHIZAWA et al.(106-107)

  1. Reduction of  HbA1c  levels  by  fucoxanthin-enriched  akamoku  oil  possibly  involves  the thrifty allele of uncoupling protein 1 (UCP1): a  randomised  controlled  trial  in  normal-weight and obese Japanese adults. J Nutr Sci. 2017 Feb 14;6:e5.

…………………………………………………………………………… Nana MIKAMI et al.(108-109)

  1. Identification of a novel human memory T cell population with the characteristics of stem-like chemo-resistance. OncoImmunology. 2016; 5:e1165376.

…………………………………………………………………………… Kenji MURATA et al. (110-111)

編集後記

札幌医学雑誌

双方向型医学系サブジェクトリポジトリ技術基盤の形成

次世代学術コンテンツ基盤共同構築事業 学術機関リポジトリ構築連携支援事業 平成20-21年度委託事業(領域2)

双方向型医学系サブジェクトリポジトリ技術基盤の形成
The development of an open access and bi-directional repository for medical science

当サイトは、国立情報学研究所実施の「次世代学術コンテンツ基盤共同構築事業 学術機関リポジトリ構築連携支援事業 平成20-21年度委託事業(領域2)」により委託を受けた本学提案プロジェクト「双方向型医学系サブジェクトリポジトリ技術基盤の形成」の情報発信のためのサイトです。

■ プロジェクト名
双方向型医学系サブジェクトリポジトリ技術基盤の形成
The development of an open access and bi-directional repository for medical science.

■ 担当大学
札幌医科大学

■ プロジェクトの概要
本プロジェクトは、国内で産出された医学・保健医療学分野の研究成果論文を効果的に発信するための医学系サブジェクトリポジトリの構築を目的とし、次の技術手法の検証、開発を行います。
・医学系サブジェクトリポジトリは、ExLibris社メタサーチ・システム「MetaLib(メタリブ)」をプラットフォームとします。
・医学系サブジェクトリポジトリ収録データは、国内医科系機関リポジトリを対象とし、国立情報学研究所リポジトリJAIROからのOAI-PMHハーベスティングより整備します。
・「AIRwayプロジェクト」など先行するリンクリゾルバシステムとの相互補完関係の形成を目的とし、ExLibris社リンキングリゾルバ「SFX」(sample画面)を活用したオリジナル・データ(原論文)への誘導技術を確立します。
This project involves the construction of an open access and bi-directional repository in order to dispatch the research results of dissertations within the hygienic medical field around the country as effectively as possible
– The ExLibris systems corporation is responsible for making the metasearch system “MetaLib”, which is incorporated in the platform.
– A domestic medical repository is employed for recording data. This Institutional repository is serviced with harvesting which uses “OAI-PMH”.
– Induction to original articles is achieved via the application of a “SFX” link-resolver.

- 双方向型医学系サブジェクトリポジトリ・イメージ図 -

■ 実施計画
本プロジェクトは、大別して国内医科系機関リポジトリのハーベスティングを通した検索環境の整備とSFXを活用した外部データベースとのシームレスな連動の2つを技術基盤の形成を目的としています。実施計画は、次のとおり平成20~21年度の2ヵ年により進めます。

■ 国内医学論文リポジトリ(MetaLib版)
平成20年度において、医学系サブジェクトリポジトリの検索環境の整備を主体とした開発を行い、H21年4月よりMetaLibを検索プラットフォームとする「国内医学論文リポジトリ」として次のとおり公開を行っています。
>> 国内医学論文リポジトリを利用する
>> 収録機関は、53機関(国立37、公立4、私立12、整備中も含む)
>> 収録機関一覧は、こちら ===>  収録機関一覧
>> 平成20年度CSI委託事業報告交流会(コンテンツ系)領域2 ポスター スライド

■ 医学系サブジェクトリポジトリ対応リンク・リゾルバ(X-Server/SFX版)
医学中央雑誌などの外部データベースからの要求に対し、ハーベスティングした医学系サブジェクトリポジトリ・データを用い、SFXによるオリジナル・リポジトリ・データへのハンドリングを行います。
システム的には、SFXからのリクエストをもとに、MetaLib X-Serverによる医学系サブジェクトリポジトリ・データの検索を行い、提供できる原報がある場合、SFXに該当文献のURIを返し(Fetching)、誘導を行います(下図参照)。
ハンドリングは、個々の機関リポジトリ単位、または複数の機関リポジトリを指定することができます。国立情報学研究所JAIROに未収録のリポジトリもハンドリングできます。
平成21年度は試行提供、同22年4月よりの正式提供を予定しています。

サンプルデータ(出典:医中誌Web)

2007225742 術前補助療法施行例の検討(会議録)
Author:岡阪敏樹(名古屋大学 呼吸器外科), 伊藤志門, 佐藤尚他, 内山美佳, 宇佐美範恭, 横井香平
Source:肺癌(0386-9628)47巻2号 Page201(2007.04)

>> その他のサンプルデータは、こちら ==> サンプルデータを試す!
>> 国立情報学研究所JAIROに収録されていないリポジトリを運用され、ハンドリングをお試しになられたい機関のご担当者様は、下記までご照会ください。

■ お問い合わせ先
札幌医科大学附属総合情報センター 情報システム係
tel 011-611-2111(内線22390, 22490)/ fax 011-641-9646
E-mail: icccj[アット]sapmed.ac.jp

1 / 41234

ホーム > 図書館サービス > 電子コンテンツ

TOP

TOP